文化

日々のあれこれ

名もなき花と刺繍手鞠、紫陽花の文化交流

こんにちは、 夏が嫌いな宮寺理美です。2024年6月は、東京では梅雨がほぼありませんでしたね。突然嵐が来たと思ったら突然暑い日が訪れる、という気候が続くので、低気圧による体調不良に悩まされる1ヶ月になりました。じめっとした雨がずっと続くのも...
Uncategorized

【阪神間モダニズム紀行】建築物から辿る日本の近代

こんにちは、宮寺理美です。前回は中国という視点から神戸旅行を辿ってみました。でも実は、今回の神戸旅行はもう一つのテーマがありました。それは「阪神間モダニズム」と呼ばれる文化です。すごくシンプルに説明してしまえば、大正時代~昭和初期の大阪から...
文化事業紹介

【神戸逢知音記】朋輩たちの足跡をたどる神戸の旅

こんにちは、宮寺理美です。先日、実に8年ぶりの神戸旅行に行きました。前に行った際には完全に観光気分で、北野異人館などの名所めぐりに勤しみました。特に心に残っていたのは異人館街に向かう「オランダ坂」という坂道。本当に急勾配の坂道で、途中で断念...
文化事業紹介

懐かしくも新しい幻想の世界 マツオヒロミ展 -レトロモダンファンダジア-

こんにちは、宮寺理美です。「大正ロマン」というワードを聞いた時、どんなものを思い浮かべますか?耳隠しヘアに和服姿の女性や、袴と大きなリボンのはいからさん、書生さんや和服に帽子やステッキを持った紳士、蓄音機などのインテリアなどでしょうか。そし...
Uncategorized

伝統と呼ばれるものたち

こんにちは、宮寺理美です。私は和服が好きでよく着ています。たまたまフォロワー数が増えた中国のSNSでも、投稿内容は和服の事がメインです。ただ、自分の意識としては「和服が好き」というより、レトロで可愛いものが好き、という感覚です。そのため現代...
日々のあれこれ

龍の昇るところに稲荷と徳川家康あり、東京龍神めぐり

『三月三日この池より竜昇らんずるなり』で、――誰でもこれには驚いたでございましょう。その婆さんも呆気あっけにとられて、曲った腰をのしながら、『この池に竜などが居りましょうかいな。』と、とぼんと法師の顔を見上げますと、法師は反って落ち着き払っ...
日々のあれこれ

外の目線で内を見るという行為

こんにちは、宮寺理美です。今年は冬の間は生暖かくて全く冬らしくないし、3月になったら突然寒いしで調子が狂う天候が続き、精神的にも肉体的にもヘロヘロでした。皆様もどうぞご自愛ください。 さて、今年の春節は2月10日でした。今年は春節の前後に、...
日々のあれこれ

「日本人らしさ」の正体 容姿とアイデンディディと多様性

こんにちは、宮寺理美です。2024年2月現在、ウクライナ出身で日本国籍保持者の方が「ミス日本」を受賞し、「日本人らしさとは何か」と議論になっている今日のころごろです。続報で受賞者の方のスキャンダルが報じられたり、何かと話題になりましたが、こ...
Uncategorized

愛知で時間旅行ー明治大正浪漫の旅

この汽車は名古屋どまりであった。会話はすこぶる平凡であった。ただ女が三四郎の筋向こうに腰をかけたばかりである。それで、しばらくのあいだはまた汽車の音だけになってしまう。次の駅で汽車がとまった時、女はようやく三四郎に名古屋へ着いたら迷惑でも宿...
日々のあれこれ

襟の価値観

こんにちは、宮寺理美です。昨年から十二単東京というお店のアンバサダーを務めており、中国のプラットフォームに何回か十二単の投稿をしているのですが、毎回反響がとても大きく、「そ、そんなに??」と驚きます。 2019年の退位礼がまだ記憶に新しいと...
PAGE TOP
error: Content is protected !!